脱毛サロンの予約キャンセル

脱毛サロンの予約キャンセル規定について

脱毛サロンのキャンセル規定について

脱毛サロンに通うにあたって、以外と重要になってくるのが予約のキャンセルについて。

脱毛って1回で終わるものではなくて、2、3年くらいかけて何十回も通うのが一般的なので、途中でどうしても予約をキャンセルしたり変更したりということが出てくるんですよね。

キャンセル規定はサロンやプランによって結構違いがあるので、契約する前に必ずチェックしておきたいポイントになります。

キャンセル規定はサロンによってまちまち契約する前に必ずチェックしておきましょう

いくら安いプランで始めても、キャンセルの規定が厳しかったり、キャンセル料が高かったりすると、場合によっては割高になってしまうこともあります。

体調が悪くなるときもあるし、突然生理が来るときもあるので、長い間通う予定なのであれば、予約変更しやすいサロンがやはり便利ですね。

そこで、サロン別に予約キャンセルの規定についてまとめてみました。

サロン別キャンセル料まとめ

ラ・ヴォーグ
新店舗
遅刻 1回分消化
Web
前日13時まで
ペナルティなし
Web
前日13時以降
1回分消化
電話
3日前13時まで
ペナルティなし
電話
3日前13時以降
1回分消化
当日 1回分消化
無断
キャンセル
次回から予約不可

ラ・ヴォーグのキャンセル規定はかなり厳しめです。

キャンセルや予約変更は、Webの場合は前日の13時まで、電話の場合は3日前の13時までにしないと、施術1回分が消化扱いになってしまうので注意しましょう。

さらに厳しいのが無断キャンセルをした場合。連絡せずにキャンセルしてしまうと、次回から予約ができなくなってしまいます。ということは、もう通えなくなるということですね。

とは言っても、無断キャンセルに関しては、社会人として(もちろん学生も)やってはいけないことなので、このくらい厳しくてもいいのかも。

その分、ちゃんとルールを守っている人は予約が取りやすくなるので、ある意味オススメですね。

キレイモ
遅刻 月額プラン:20分で1回分消化
パックプラン:施術時間が短くなる
前日 月額プラン:1回分消化
パックプラン:ペナルティなし
当日 月額プラン:1回分消化
パックプラン:1回分消化
無断
キャンセル
1回分消化

キレイモは、月額制プランとパックプランで対応が違ってきます。月額制はペナルティが厳しくなっていて、2日前までに連絡しないと施術が1回分消化になってしまいます。

脱毛ラボに次いで厳しい感じですね。

パックプランは、前日までに連絡すればペナルティはないので、予約変更しがちな人はパックプランの方がオススメです。

シースリー
遅刻 3,000円
前日 ペナルティなし
当日 施術時間前ならOK、それ以降は3,000円
無断
キャンセル
3,000円

シースリーのキャンセル規定は、比較的優しめですね。当日の施術時間前までにキャンセル及び変更すればペナルティはありません。

しかし、それを過ぎるとキャンセル料が3,000円かかってくるので要注意。遅刻の場合も同様に3,000円のペナルティ料金がかかります。

遅刻しそうな場合は、早めにキャンセルの連絡を入れるのがポイントです。

銀座カラー
遅刻 15分~20分の遅刻:施術時間が短くなる
20分以上遅刻:1回分消化
前日 前日19時までならOK、それ以降は1回分消化
当日 1回分消化、回数無制限コースは2,000円
無断
キャンセル
1回分消化、回数無制限コースは2,000円

銀座カラーのキャンセル規定はラ・ヴォーグ、キレイモ同様に少し厳しめになっています。

前日の19時までに連絡をしないと施術が1回分消化になってしまいます。回数無制限コースの場合は、キャンセル料が2,000円かかります。

遅刻についても20分以上になると、1回分消化になるので注意しましょう。

脱毛ラボ
遅刻 施術時間が短くなる、もしくは1回分消化
前日 1,000円
当日 1,000円+1回分消化
無断
キャンセル
1,000円+1回分消化

脱毛ラボは、キレイモの月額プラン以上に厳しくなっていますね。2日前までに連絡しないとペナルティが発生します。前日はキャンセル料1,000円、当日や無断キャンセルにいたっては1,000円+1回分消化になります。

コースによって違う場合があるので、契約する際はあらかじめ確認しておきましょう。

レイビス
遅刻 ペナルティなし(施術を断られることもある)
前日 ペナルティなし
当日 ペナルティなし
無断
キャンセル
ペナルティなし(無断キャンセルを繰り返すと1回分消化)

ミュゼ同様にキャンセル規定が優しいのがレイビス。基本的にはどの場合でもペナルティがなく、且つ、次の予約も取りやすいので、非常に通いやすいサロンになります。

ただし、無断キャンセルを何回もやると1回分消化になることがあるので、ペナルティがないからといってキャンセルの連絡を怠ることがないようにしましょう。

ミュゼ
遅刻 10分以上の遅刻で予約取り消し
前日 ペナルティなし
当日 ペナルティなし
無断
キャンセル
ペナルティなし

キャンセル規定についてはミュゼが一番優しくなっています。10分以上遅刻すると、その日の施術は取り消しになりますが、消化扱いにはなりません。

無断キャンセルについても同様です。急な予約変更の可能性が高い人はミュゼがオススメですね。

ただし、途中で解約をする場合には注意が必要です。予約開始時間の24時間前までにキャンセルや変更をしなかった場合、その分は解約時の返金対象にはならないので気をつけましょう。

ディオーネ
遅刻 20分以上の遅刻で1回分消化
前日 前営業日の19時までに連絡をすればOK(店舗によっては時間が違う場合あり)
当日 1回分消化
無断
キャンセル
1回分消化

ディオーネは銀座カラーと同じくらいの厳しさになっています。前営業日の19時まで(店舗によっては時間が違う場合あり)に連絡をしないと1回分の消化となります。

ただし前日ではなく、前営業日という点に注意。ディオーネはフランチャイズ制になっているので、店舗によって定休日や営業時間がまちまち。前日が定休日だとキャンセルができないので気をつけましょう。

予約変更はできるだけ早めに

各サロンによってキャンセルの規定はさまざまなので、実際に脱毛サロンに通う場合は、事前にきちんと確認しておきましょう。

脱毛は、サロンが推奨する間隔で通うことが一番効果が高くなるので、あまり頻繁にキャンセルしたり変更したりするのは、できたら避けた方がいいです。

尚、ミュゼやレイビスのようにペナルティがないサロンでも、当日キャンセルや無断キャンセルは、サロンだけじゃなく、他のお客さんにも迷惑がかかるので、原則はしないのがマナー。

予約のキャンセルや変更は、できるだけ早めに連絡を入れるように心がけましょう。

名古屋でお得に全身脱毛ができる脱毛サロントップページへ

名古屋でお得に全身脱毛ができるおすすめ脱毛サロンはこちらからチェックすることができるよ。